スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうちで実践している食育について、語る。

我が家での食育。。。
それは、お買い物から始まります。

2歳から3歳の子って、
「これ、なぁに?」 とか
「どうして?」 という風に、
一時期、質問責めをする時期ってありますよね~?
そいうときが、チャーンス!!

この間も、
「これ、なぁに?」と聞かれたものが、
「ゆり根」でした。

「ゆりねって、なぁに?」と子供。
「ゆり根って、ゆりのねっこかな~?なんだろうね?
おうちに帰って、調べてみようか~?」とmap。

そんな具合で、mapもお勉強してます。。。

ちなみに、子供が興味を持ったのは、
冬瓜、うど、かき、ズッキーニ、ふき、アボガド、洋梨など。。。

我が家では、普段並ばない食材が、やはり気になるようです。

それから、
子供って、お料理好きですよね?
我が子も、包丁で切ったり、フライパンで焼いたりするのが、大好きっっ!!
5歳の誕生日には、マイ包丁をプレゼントしました。

いっしょにお料理するのも、食育かな~?
(ちょっと、恐いけど)
豆腐は手のひらで切るんだよ。
とか。

野菜の繊維に沿って、切ろうね。
とか。

そうすると、
切っただけでも、食べるときには、

「○○が作った、◎◎は、美味しいでしょう~~。」って、
すごく得意げで、
本当は、食べるのが苦手な、
人参やピーマンだって、食べちゃうんですよ~。

ちょっと時間はかかるけど、
「残さず食べなさい」って、怒るより、
結果的に、楽なんですよね~。

コレが我が家で実践していることかな。

ウィキペディア(Wikipedia)から引用させてもうらうと、

食育(しょくいく)とは、
様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、
健全な食生活を実践することができる人間を育てることである


とあります。

え~、これでもmapは、
地域の食生活改善委員会のメンバーでもあります。
(子供が成長するまでは、活動をお休みさせてもらっていますけど。)

食や栄養に関することを、
町主催の講座で、お勉強をして、メンバーの一員となりました。
メンバーの方は、20代から70代まで。
世代を越えての集まりで、ワイワイガヤガヤ楽しいですよ。

余談ですが、

食生活改善に委員会の活動内容は、
独居老人の方のお弁当作りがメインですが、
地域で開催されるお祭りなどで、おうどんやおそばなどを作ったり、
時には、、、
小学校や保育園を訪問して、食に関するお話をしたりします。


食育。
初めは何のことだか、分かりづらかったのですが、
講師の先生が、
「この講座で学んだことを、1人でも多くの方に伝えていく。
これが、食育に繋がっていきます」
とおっしゃってました。

小難しい、カロリー計算。
分からない用語。。。
そういうことではなくて。

例えば、
イチゴ大福の作り方。
お店で買わなくても、こんな風に作れるんだよ~って。
教えてあげるだけでも、
食生活改善委員会の役割にもなるし、食育よ~って。

mapは、思いのほか簡単にできるイチゴ大福に没頭して、
しばらくイチゴの季節は、大福屋さんになりました。

近所のおばちゃんに、イチゴをもらって、
子供と一緒に、大福を作り、
お友達の家へは、イチゴ大福を手土産に、
イチゴ大福の話に、花が咲く。
こうして、
子供達も食べ物に興味を持って、
食育につながっていくんじゃないかな~と。
勝手に思ってます。

TABLE FOR TWO × Oisix

「食育」@Oisix
スポンサーサイト

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。