スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい肌のために心がけていることを、語る。

今日は、美しさのための  “食”について、語ってみようと思います。
みなさんは、どんなことに心がけて見えるんでしょうね。
mapは。。。

まず、

3食は欠かかさナイ!
旬のものをイタダク!
メニューは、
主食(ごはんorパンor麺類)+たんぱく質のおかず+野菜のおかず+スープorサラダ。
(朝食は、無理にしても。。。)
おかずの量は、
肉より魚。 魚より野菜を摂取スル!
牛乳は1日コップ1杯!
腹八分目!
間食は、(ほとんど)シナイ!

と、決めています。
これが、基本です。

どうしても、、、疲れたりして甘いものが欲しくなったときには、
チョコレートを数個だけ。
健康のためにも、食べなかったり、逆に食べ過ぎるのは、良くないですよね。
本当は食べるの大好き!大食家!!
でも今は、
お腹をいっぱいにすることより、色々な種類のものを多く摂取することを心がけています。
コレでも一応、一家の主婦ですし。

さてさて、ココからが、に関してです。

美肌食といえば、
保水力が、飛びぬけてよく、
成分的には、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンB2、
そして今話題のアスタキサンチンも、入っている~
しかも、安価で、年中手に入り易いですよね。
うれしいことに、お手軽な
鮭フレークでも効果があるみたいですよ。
我が子たちも、大好きです。
さけフレーク さけフレーク 

それから、最近、mapが一番気にしているシミ。
その予防&対策としては、
シミの元に働きかけて、細胞から美白にしてくれるという噂の、ビタミンCとLシステインを摂るようにしています。
ビタミンCといえば、レモンというイメージが強い方が多いと思うんですけど、
実はゆずの方がレモンより、
ビタミンCが多いんですよ。
しかも、ビタミンCの吸収を助けるビタミンPも多いの。
mapは、ゆず大根などにして、いただいてます。
Lシステインは、はちみつに多く含まれるので、
紅茶などをいただくときに、砂糖の変わりに、はちみつを入れるんです。
と~っても美味しくて、簡単に摂取できるので、オススメですよ。

最後に、ヨーグルト
ビフィズス菌が腸の働きを良くしてくれるので、
map家の冷蔵庫には常時入っています。
冷凍のブルーベリーやイチゴ、マンゴーなどを添えると、
リッチなデザートに変身~
1016-2.jpg

もっと色々な食材の成分を知っていると、
より美肌への道が近くなると思うんですけど、
mapの知識はコレくらいですね。
あとは、足りないものをサプリメントを摂取して補うことかな。

あっ忘れてた。
美肌で有名な佐伯チズ先生のレシピ、コラーゲンスープなんかも、
試してみたいと思ってます。
mapは、お肉っていうと、焼いたり、揚げたりしちゃうんですけど、
スープにしたほうが、おだしにもなって、無駄なく摂取できる上、
カローリーも抑えれるそうです。

みなさんも、実践してみえることがあったら、
ぜひぜひ教えてくださいね。

ブログを書いてアフリカの子どもに給食を贈ろう!ametutiセットも当てちゃおう

新保湿実感 『ametuti ワンダーモイストシリーズ』 各商品の詳細ページへ
スポンサーサイト

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。